読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ともとはるの「何して遊ぶ?」

人生死ぬまで思い出つくり!本気の遊び提案ブログ

はじめての手編みは「うれしいセーター」を教科書に!私も2着編んでみた。

ともです!

 

突然ですが、「手編みのセーター」…ってダサいイメージありませんか?

 

 

〜とあるクリスマス〜

 

彼女「これ…貴方のために一生懸命編んだの…」

 

彼氏「(えっ気持ち重っ…そしてダサっ!!)」

 

みたいなね。

 

 

そんな切ない位置にあると思われる「手編みのセーター」。

 

しかし、おばあちゃんから教わった編み物が大好きな私。

恋人に編んだことはない(恋人どこだよ)としても、ブログの相方はると一緒にマフラーを編むなど、ひっそりと布教活動を行ってきました。

 

でも、手袋とかマフラーだけじゃなくていつかは大作を編みたい!!!

ってことで、いつもオシャレなセーターの本を探していました。

しかし好みなのがなかなか無いんですよね〜

 

 

そんな時に出会ったのがこの本!

 

 

 

なんとこちらの本、糸井重里さんの「ほぼ日手帳」で有名な「ほぼ日」から出版されているのです。

これだけでも、素敵な本に間違いない!

 

公式サイトはこちらから。

三國万里子作品集『うれしいセーター』 - ほぼ日刊イトイ新聞

 

 

目次

 

 

どんな本?

f:id:tomoharu74:20170513172215j:plain

三國万里子さんの「うれしいセーター」 - ほぼ日刊イトイ新聞より)

 

簡単に言うと「14着のセーターの編み方の本」なのですが、たくさんのトクベツが詰まった全く新しいニットの本です。

特徴を紹介してみます。

 

著者が着用者のためにデザイン

この本で紹介されているセーターは、全て一人のためにインタビュー&デザインし、編まれたもの。

メイキングはこんな感じ

三國万里子さんの「うれしいセーター」 - ほぼ日刊イトイ新聞

 

とにかく魂こもってます!

 

豪華出演陣

そんなニットの宛先は、宮沢りえさんを筆頭としたバラエティに富んだメンバー

普通のニット本ではありえない、写真家あり画家あり歌手兼僧侶あり!?の魅力的な人選です。ほぼ日パワー。

 

豊富な写真

写真集か!ってくらいたくさんの写真が掲載されています。

いかにも、なカッコイイものからなんだか楽しげなものまで。

谷川俊太郎さんの写真なんて本当に素敵で。。

 

写真が多いと完成品のイメージも湧きやすいので、嬉しいですね。

 

著者のエッセイ

そして、空きページには著者のエッセイがあります。

私はこの本で初めて著者の三國万里子さんを知ったのですが、このエッセイを読んで一気に親しくなったような気になり、ネットサーフィンが止まりませんでした。

決して砕けた口調ではないのに(むしろ丁寧)なぜか身近に感じられ、クスっとしてはホロっとさせられる、素敵な文章です。

一気に三國さんのファンになりました。

三國さんのことを語りだすと絶対に長くなるので、またの機会に。。

 

どんなセーターがあるの? 

セーターはここから見られます。

三國万里子作品集『うれしいセーター』 - ほぼ日刊イトイ新聞

 

自由さに溢れたオシャレなデザインなのに、とっても着心地が良さそう。

「手編みセーターはダサい」の概念が完璧に覆されます。絶対に。

 

初心者でも編める?

この本は、巻末にかなり詳しい編み方が書いてあるので、初心者の方でも編めると思います(本当に最初の「作り目」から「とじ方」まで網羅してある)。

なるべく指定の糸と針を使うとさらに成功に近づきます。

編み物って、基本的に編み図という設計図があって、その通りに編めばできるようになっています。

 

大切なのは根気のみ!

 

 

「カオジロガンセーター」を編んでみた!

私の記念すべきセーター第1作目は、「カオジロガンセーター」。

これは画家のミロコマチコさんのために編まれたセーターで、「カオジロガン」という鳥をイメージして作られたそうです。

 

こちら見本。

黒いのがノーマルで、白いのがアルビノ!

f:id:tomoharu74:20170513162136j:plain

三國万里子さんの「うれしいセーター」 - ほぼ日刊イトイ新聞より)

 

その時のミロコマチコさんのリクエストの絵がこちらなんですが、個性的で可愛すぎませんか…!?

f:id:tomoharu74:20170513160956j:plain

 三國万里子さんの「うれしいセーター」 - ほぼ日刊イトイ新聞より)

 

 

てことで、カオジロガンセーター(ノーマル)を編むことに。 

 

ベースの黒の指定糸はなんと売り切れ…!!

そこで、ネット上で似た材質と太さのものを探しまくり、やっとゲット。

 

編むこと数週間…

はじめてのセーターが完成しました!

 

完成写真

人生初手編みセーター の出来は如何に…!?

 

前 
f:id:tomoharu74:20170222230750j:image
お腹のところがつるっとしているので、腕のモフモフがいいアクセントに!

 

後ろ
f:id:tomoharu74:20170222230801j:image

 背中側はモフモフ全開!

 

鳥のポーズ (母リクエスト)
f:id:tomoharu74:20170222230846j:image

 

大満足!!

着心地も良いし、腕のモフモフしたところが気持ちいいし、ボリューミーなのに手首が見えるからすっきりしてて可愛い!!

みんなに褒められてご機嫌でした♪

 

「cloudy」を編んでみた!

さて1着目の成功に気を良くした私は2着目を編むことに。

 

2着目はエッセイストの平松洋子さんのために編まれた「cloudy」というセーター。

今回は指定糸を購入することができましたが、極太毛糸だったカオジロガンセーターと比べて毛糸が細い!

時間をかけて編み、模様を間違えては何度も編みなおし、やっと完成!

 

それが2日前(5月11日)になります。

いや、もう5月!!春真っ只中!!!

 

しかし、私が現在住む札幌はまだまだ寒い!いける!!

ってことで2日連続着て歩いています。

 

「はぁ〜札幌に住んでてよかった〜」

 

ものすごくニッチなところで札幌在住の喜びを嚙みしめる私。

 

完成写真

実物をブログで披露したかったので、母に写真を頼んだのですが、「忙しい」と断られたため、今まで培ってきた「自撮りスキル」をフル活用して撮影することにしました。

「植木鉢に埋めてセルフタイマーで撮影する」という応用テクニックです。

 

(私たちの自撮りスキル向上の軌跡はこちら。四国二人旅↓↓) 

www.tomotoharu.com

 

 

では作品です!

セルフタイマー5秒とは思えない自然な仕上がりをご覧下さい。

 

 
f:id:tomoharu74:20170513170432j:image

胸のところと袖に、模様が入っているのわかりますか?

 

f:id:tomoharu74:20170513170408j:image

背中も同じ模様。首周りがストレートで、前身ごろと後ろ身頃が全く一緒なのです。

「一枚編めたらもう一枚も同じ」と思うと編みやすいですね!

 

うれしいポーズ
f:id:tomoharu74:20170513170447j:image

自分の手でモノを作るって楽しいよ♪

みんなも編み物でハッピーライフ♪

(全て自撮りです)

 

 

最後は自撮りでよくあるハプニング、「セルフタイマーの途中で携帯が倒れて空の写真が撮れる」の一枚で締めくくりたいと思います。

 
f:id:tomoharu74:20170513172833j:image

 植木鉢の中から見上げる空は青い。

 

 

 

 

 手作りって楽しいよね!

www.tomotoharu.com

 

全く読まれていないけど、おすすめ記事の四国シリーズです。

www.tomotoharu.com

 

 とも。